沿革

昭和 30年 1月 岡田栄個人にて館林市尾曳町で創業
昭和 42年 6月 工場を館林市成島に移転、資本金100万円をもって株式会社岡田養鶏器具製作所を設立。岡田栄代表取締役に就任
昭和 44年 4月 資本金を200万円に増資
昭和 47年 12月 資本金を400万円に増資
昭和 48年 3月 糞乾燥装置を台湾へ輸出
昭和 50年 3月 畜産機械の総合メーカーとして、株式会社岡田製作所に社名変更、事業拡大に伴い工場を館林金属工業団地(館林市近藤町)に移転
昭和 52年 4月 資本金を800万円に増資
平成 1年 4月 ヨーロッパを中心とした販売プロジェクト開始
平成 2年 1月 アメリカ・ネッスル社へ納入
平成 3年 1月 大型発酵乾燥機・ロータリーキルンを開発
平成 5年 3月 新社屋落成
平成 8年 1月 資本金1,250万円に増資
平成 10年 10月 大容量円形発酵撹拌処理プラント発売
平成 12年 10月 スクリュー式撹拌機を開発
ロータリー式、スクープ式、スクリュー式の発酵撹拌処理3方式のシリーズ化完成。
平成 13年 3月 群馬県より独自技術を有する「1社1技術」に選定される
平成 13年 12月 群馬県より中小企業支援「経営革新計画」承認される
平成 14年 4月 国際標準規格 品質マネジメントシステム ISO 9001 : 2000 認証取得
平成 15年 2月 資本金を2,500万円に増資
平成 20年 9月 群馬県より群馬県環境GS事業者に認定される
平成 21年 4月 ISO 9001 : 2008 移行認証取得
平成 23年 6月 生産管理システム TECHS導入
平成 24年 10月 岡田栄取締役会長、鈴木郁男代表取締役社長に就任
平成 26年 2月 「臭気対策セミナー」(公益社団法人におい・かおり協会主催)にて「堆肥化施設における自動発酵撹拌装置の導入事例」について鈴木社長が講演する
平成 27年 1月 におい・かおり環境学会誌46巻1号に「堆肥化施設の構成等について」(鈴木社長論文)が掲載される
平成 28年 6月 JICA中小企業海外展開支援事業「案件化調査」に採択される
平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金に採択される
平成 29年 12月 JICA中小企業海外展開支援事業「普及・実証事業」に採択される
平成 30年 4月 ISO 9001 : 2015 移行認証取得